30代半ばのひな祭りとは。

今年の3月3日はお天気に恵まれて、暖かな春の日差しを感じる心地よい桃の節句となりました。

そもそもひな祭りってなんでしょうって方……いるか。

雛祭りは、日本において、女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。 ひな人形に桜や橘、桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りである。

Wikipediaより引用

ちなみに、旧暦の3月3日が桃の花が咲く時期だったことから、「桃の節句」と呼ばれるんですって。みやび〜

今年は土曜日ということもあり、だいぶ前に出産済みの友のお祝いも兼ね、友人達とわいのわいの過ごすこととなりました。

大(おとな)小(こども)20名弱の大所帯の予定が、風邪やらPTAやら仕事やら出産(←お祝いとは別)やらで減っていき、結局10名くらいでの雛祭りでした。

お祝い対象の友の家で、刺身持ち寄り手巻き寿司パーティしつつ雑談。食べながら飲みながら雑談。食べながら飲みながら雑談。エンドレスループ。

手巻き寿司うまーもう肉より魚、刺身がたまらん。

子供達も、集まると勝手に遊んでくれるからとても楽。親同士が学生時代からの友人ということもあり、子供達のいざこざが起きても気がすり減らないのがまた楽。飛んで行って仲裁しなくても、ペコペコ謝らなくても、基本、自分たちで解決してくれるまで放置で大丈夫だからな。ノミの心臓の私は、児童館とか学校じゃ、そんな感じにおおらかに見守れないからな……ありがとう、友よ。

そして1日中くだらない話ばかりで笑いすぎて涙も出たけど、かなり元気になったなあ!

スライムでうんこ作ってアラレちゃん的に頭に乗っけたら取れなくなって焦ったり(酢水で取れたよ!)、お祝いそっちのけで食べて飲んで話してる内容が下ネタだったり(子供には聞こえないよう配慮したよ!)、花粉ひどくて桃の花を愛でることも出来なかったけど。

笑いすぎて涙が出るって、物心ついてから30半ばの今まで、このメンバーといる時しか経験したことないかも。

そう思うと、なんて幸せな!ありがとう、友よ。

最近、家にいると「疲れた」しか口から出てこなかったから、このひな祭りをリセット日に決めよう、そうしようー

とりあえず、継続、継続。継続が大事……でもこれちょっとただの日記。

次回は、30代女子的雛祭り♩お家パーティ鉄板レシピ公開!でいく、かな。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です