《延長決定!!》うんこミュージアム YOKOHAMA☆子連れレビュー!レビュー!レビュー!《う○この写真満載》

うんこミュージアムアイキャッチ

好評につき09/30(MON)まで延長決定!!!

こんばんは。まだ月曜日か……さくらん坊(@ok_sabou)です。

この土曜は、約10年越しの願いが届き、YUKIのライブで泣いた夜でした。

久しぶりの夜の街、国際フォーラムの沸き立つ熱気、帰り道もまだ上気した頬……。


そして翌日、私は横浜へ。

話題のうんこミュージアムYOKOHAMAへ行ってまいりました。

この振り幅よ。

まったく行く予定のない人も、これから行くかもしれない人も。

写真いっぱい、レビューです!

うんこミュージアムYOKOHAMA 

伏せ字も使わず、こんなにうんこって書いていいのかな。

うんこミュージアムYOKOHAMA ってなんなのさ

「THAT’S UNTER TAINMENT(ザッツ ウンター テイメント)」を合言葉に、うんこをエンターテイメント化。

これまでの固定概念を水に流し、全面的にうんこを楽しむ場所として開催されているイベントです。

うんこミュージアムYOKOHAMA イベント期間は?どこにある?

惜しげも無くうんこ三昧。

イベント期間

2019/03/15(FRI) ー 2019/07/15(MON) 

好評につき09/30(MON)まで延長決定!!!

アクセス

横浜駅東口から徒歩2、3分程度。

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」の中にあります。

横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル2F ALE-BOX内

うんこミュージアムYOKOHAMA チケットは?

事前予約の前売券か、当日券の2種類です。

<うんこチケット料金>

  大人(中学生以上) 小人(小学生) 小学生未満
当日 1,700円 900円 無料
前売り 1,600円 900円 無料

事前予約の場合、中学生以上の大人のみ、100円割引されます!

前売り券の販売は、公式サイトもしくはe+(イープラス)にて。チェックしてみてくださいね。

うんこミュージアムYOKOHAMA 混雑具合は?

イベント開催当初、あまりの人気に入場2時間待ちだとかのニュースが流れていたうんこ。

確かに、そのころは土日のチケット予約もすぐ埋まり、タイミングを読んでいるうちに6月半ばとなった私です。

親しい友人達と、子供も合わせて10名オーバーで参加した今回。

日曜日の15時からという時間もあってか、そこまでの混雑は感じませんでした。

錯乱坊🍒
イベント開催からもう3ヶ月経ってるのもあるかな。

そして実は、一緒に行ったメンバー内、1人チケットの予約ミスで取れていないことが発覚。

その時点で入場2時間前でしたが、それから当日券を求め会場に行ったところ、割とあっさり15時半からの当日券をゲット!

皆そろって楽しむことができました。

写真で覗き見、うんこミュージアムYOKOHAMA 

さて、イベント概要も掴めたところで。

早速サクッとレポートです。

入口

まずは入口。入るまで少し待機列が。パンフレットを読んで待ちます。

このパンフレットで、だいたいの内容はわかります。

うんこミュージアム

この日は、10分ほど待ったところで中に案内されました。

だいたい7、8名ごとに入場となるようです。

私たちは10名オーバーの大所帯でしたが、1グループにまとめてくれて入場。

薄暗いスペースに通され、モニターをみるように指示があります。

やたらとスタイリッシュな映像とテクノミュージック。

ここで一気にうんこトランス状態に引き込まれます。

子供達、呆気にとられた後は大爆笑でしたよ。つかみはOK。

映像が終わると、係りの方からイベントコンセプト(?)や注意事項などの説明があり、いよいよ入場。の、その前に。

『さあ、みなさん、せーの、うんこー!で入ります。せーの!』

錯乱坊🍒
うんこー…!

『声が小さい、はい、せーの!』

錯乱坊🍒
うんこーーーーーーーっ!!

やっと入場。

うんこミュージアムYOKOHAMA、やっと始まる内部レポート

入口を抜けると、まずはカラフルな便座のお出迎え。

ちびっ子用の補助便座まで準備されている徹底っぷり。

ここで、「マイうんこ(持ち帰り可)」を生み出します。

 色とりどりのうんこ。カラフルPOPなうんこは、可愛らしささえ感じます。

突き刺す棒は、スタッフの方がくれますよ(お子さんは、持ち歩きに注意してね)。

錯乱坊🍒
横浜の街で、これを持ち歩いている人と本当によくすれ違った。

マイうんこを持って、いよいよ中へ(どこまでが入口か微妙)!

ウンスタジェニックエリア

3つのエリアからなるうんこミュージアム。

最初は、フォトジェニックなうんこ空間。

うんスタ映えを目的に、これまでにない写真を撮ることが出来るエリアとなっております。

宙に浮くうんこ

カラフルうんこ

 

姫っぽいうんこ

ネオン輝くうんこ

この他にも、水族館の光るくらげ風に飾られたうんこや、相合傘うんこなど、ちょっと想像力を試されるエリアが並んでいました。

錯乱坊🍒
若い子たちの撮影っぷりがすごかったけど、30代折り返しな私達も負けじと撮った!

ウンタラクティブエリア

うんこにまつわる色々な体感ゲームで楽しめるエリア。

ゲームコーナー

クソゲーや、地面に映し出されるうんこを踏みつけて遊ぶコーナー

うんこシャウト

全力で「うんこ」と叫んでその大きさを競うコーナー

錯乱坊🍒
長男が凄まじい叫びっぷりを見せ、「スペースシャトル級うんこ」の称号に輝いたよ!

ウンテリジェンスエリア

うんこを通して知的好奇心を刺激するこのエリア。

世界のうんこグッズとうんこを描けるコーナー

ぶりぶりギャラリー

著名人の描いたうんこが鑑賞できるコーナー

最後のみどころ、うんこミュージアムYOKOHAMAのシンボル?

3つのエリアを回ったら、休憩できるスペースで休みつつ、その目の前にそびえ立つシンボルを拝んで終了です。

ウンコ・ボルケーノ

ちびっ子たちが群がるボールプール。よく見ると真ん中には光る巨大なうんこが。

ボルケーノの名前よろしく、なんと、30分に1回の割合でフン火する仕掛けが!

降り注ぐのは、スポンジ素材のカラフルなうんこ。当たっても痛くない。

錯乱坊🍒
これは持ち帰りNG。フン火後にスタッフさんが持ってくる、便器に戻してあげましょう。

どのエリアで遊んでいても、スタッフの方から案内があるから見逃しません。親切。滞在中3回くらい見ました。

最後は、お土産コーナーも

ボルケーノも楽しんだら、そろそろ帰路へ。

ミュージアムショップ、うんこグッズ専門店「Poo」でお土産を眺めて帰ります(買わなかった)。

うんこミュージアムYOKOHAMA、振り返って

今回、親しい友人達と、赤ちゃんから小学校高学年までの子供達で楽しんだ「うんこミュージアム」。

子供達がイベント会場以外でも『うんこ!うんこ!』と連呼したり大変なんじゃないか……と懸念していましたが、そんなこともなく(大人の方がずっと話していた)。

周りは、女の子グループと小さな子供や赤ちゃん連れのファミリーが多かったように思います。

場内ベビーカーで移動できるのが、嬉しいポイントですね!

うんこへの固定概念を水に流せたかどうかは分かりませんが、皆でワイワイ楽しむにはいいイベントでした。

期間限定イベントとなっているため、気になっている方は是非、この空いてきたタイミングでチェックしてくださいね。

いい話のネタになると思います。

 

おしまい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です