<母の日の贈り物>素直になれない娘が選ぶ、喜ばせたい母の日ギフト。

こんな風に、日頃の感謝を素直に伝えられる娘になりたかった…

さくらん坊(@ok_sabou)です。こんにちは。

もうすぐ母の日ですね。

今年は、令和になって初めての母の日ですよ!

とはいえ、やる事はいつもと同じ。

言葉で伝えるのは恥ずかしい感謝の気持ちは、ちょっとしたプレゼントでお届けします!

母の日のプレゼントの選び方

毎年なかなか悩ましい母の日のプレゼント選びですが……

相手の好みや習慣に合わせて贈り物を探すのは、ちょっとしたクイズのようで面白い。

当たると双方嬉しいのもいいですね。そんな訳で、昔から割と好きです。

今回も、一生懸命考えていますよ〜

母の日のプレゼント・実母の場合

実母へのプレゼントは、毎年、何か残るものを贈ります。

錯乱坊🍒
好みがわかっているし、まあ選びやすい。好き嫌いは割とはっきりしてるけどね。
実母プロファイリング

60代前半地方都市在住お出掛けやショッピングが好き新しいもの好き陶磁器や絵、ちょっとした小物が好き猫グッズを集めている甘いものが好きお酒はあまり飲まない

そんな諸条件から、今年の候補はこちら!

KUTANI SEAL <クタニシール>

「九谷焼をもっと身近に」をテーマに立ち上がったワークショップブランド。

ポップなデザインの九谷焼を楽しめます。

波佐見焼・三川内焼のリサ・ラーソンJAPAN SERIES

愛らしいフォルムの動物達が人気のリサ・ラーソン。その、ジャパンシリーズとして販売されている陶器です。

飾りとしての置物もよし、実用性のある小皿や箸置きも素敵ですよ。

銀座 菊廼舎 <ぎんざ きくのや>

老舗の江戸和菓子店「銀座 菊廼舎<きくのや>」の富貴寄<ふきよせ>です。

これはもう、まさに宝石箱のようなお菓子の詰合せ。

実は、これまでにも何度か贈ったことのあるテッパン商品です。

缶を開けた瞬間のキラキラかわいいお菓子たちが見事。季節限定のものもチェックしてみてくださいね。

 

ちなみに、これまで贈ったもので喜ばれたのはこちら。

 

ネコリョーシカ<すぎはらゆり>

1点ずつ絵付けをしているネコのマトリョーシカ。伊勢丹で購入したのですが、今はネコリョーシカではなく、同じ作家さんの木箱を販売されているそうです。

気になる方は、伊勢丹オンラインストアをチェックしてくださいね。

ネコの絵柄のカップ

セレクトショップ「神保町いちのいち」で購入したカップ。残念ながら、作家さんのお名前わからず……

こちらのお店も素敵な商品ばかりなので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

母の日のプレゼント・義母の場合

1年に1度、会うか会わないかの義母には、基本、消えものを贈ります。

錯乱坊🍒
最初の頃、お花やカップを贈っていたら、何やら反応が薄く……分かりやすいからいいんだよ
義母プロファイリング

70代前半地方都市在住お出掛けやショッピングが好きではない特に集めているものはない相撲好き石川さゆり好きお煎餅と甘いものがとても好きお酒は飲まない

これらの諸条件から、結果、ここ数年はいつもお菓子。

日持ちのする(好みじゃなかったら誰かにあげられる)ものを選びます。

一度、相撲観戦チケットを贈ったところ、出掛けて行くまでが大変ということで同行することになり、それ以来チケット系はやめています!!!

今年の候補はこちらです!

銀座あけぼの

テレビ番組でXJapanのYOSHIKIさんが気に入ったことにより、一部商品が売り切れ状態だった甘味・煎餅のお店。

上品パッケージの煎餅詰め合わせは、何かと好まれます。

桂新堂 <けいしんどう>

海老煎餅の有名なこちらのお店。味もさることながら、パッと目を引く、かわいいデザイン煎餅も人気です。

麻布かりんと

麻布十番に本店を置く、デパ地下でもよく見かけるお洒落なパッケージのかりんと屋さん。

選びきれないほど豊富な味の種類と、柔らかい歯ごたえのソフトタイプがあるのも嬉しいポイントです。

 

ちなみに、これまで贈ったもので喜ばれたのはこちら。

 

とらや

間違いない美味しさの羊羹と最中。羊羹は、切る手間のない小分けサイズが好まれます。おすそ分けも出来ますからね。

定番品は、プレゼント迷子になった場合の救世主。なんだかんだ、3回くらいは贈ってます。

塩瀬総本家

宮内庁御用達としても有名な老舗和菓子店。上品な甘さの一口饅頭は絶品です。

ちょこちょこっと摘めるサイズが喜ばれました。

プレゼントを選んだら、最後の一押し・孫の登場

プレゼントを選んだら、〆は孫からのメッセージカード

ネット購入から直接送る場合は私が適当に考えていますが、同封できる場合は、長男に一言お願いしています。

母の日とはいえ、孫からの何かがあるととても喜んでくれますからね。(特に義母)

子供達がまだ小さく手紙が書けないときは、一緒に作った折り紙や絵を同封していました。

プレゼントがマンネリ化してきた頃の、ちょっとしたアクセントに、おすすめです!

 

毎年訪れる母の日。

恒例行事ではありますが、せっかくなら喜んでもらえた方が、やっぱり嬉しい。

皆さんの、ありがとうの気持ちが届きますように。

ではでは、おしまい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です