私の歯の歴史。大切にしていた八重歯と、親知らずとの格闘。

大人の歯科矯正のススメにもチラチラこぼれてましたが、私は、私の歯について、まだ書き足りない。

関連記事:30代からでも!大人の歯科矯正についてアレコレ。

以下、ただのメモリーです。あしからず。

歯科矯正に至るまでの、わたしの歯の話。

歯に関して、自分の中の一番古い記憶は、歯医者さんの緑のネットです。診察台についている、暴れる子供を包むためのもの。

幸い、わたし自身が使われた記憶はないのですが(忘れてる?)、泣き叫ぶ子供が緑のアミアミに絡み取られる様は、幼心に凄まじい恐怖を植えつけました。そんなもんで、鮮明に覚えています。あんなネット、今でも使ってるところあるのかしら。。場合によっちゃクレーム出そうだけど、歯磨きだけで大暴れの我が子を見る限り、必要不可欠だよなあ。

初めての虫歯治療は、確か、大人の歯に生え変わる頃でした。ちょうど今の長男と同じ頃。気をつけねば。。ちなみにうちの母は、ヤクルトの飲み過ぎと適当な歯磨きで虫歯に苦しんだらしく、私の小さい頃はかなり気にしてくれていました。

振り返ると、私が虫歯になったのは、アメとかジュースとかを覚えた時期と重なりますね。ううむ、子供にあげるお菓子、気になるな…すでに次男でさえ市販のお菓子食らいついてるけど。

話を戻しまして。

虫歯治療はあったものの順調に育っていた私の歯。変化があったのは3年生になった頃でした。

「ん?なんだこれ……?」

なんとなくずっと気になっていた右上の歯茎から、ぴょこんと顔を出した新しい歯。犬歯?でも、場所がおかしいぞ。 これは、まさか!!!

かわいいこんちくしょう八重歯の出現

YA・E・BA!(YA・I・BA!風。)この時の喜びったらなかった。というのも、当時大好きだった漫画やアニメには大抵八重歯のキャラがいて、その子たちはみんなすごく魅力的でした。「らんま1/2」とかね、「スレイヤーズ」とかね、時代を感じますね〜あ、漫画やアニメでの八重歯人気は今も変わらないかな。いっぱいいますね。日本ならではかな。八重歯って、英語でDouble toothっていうらしい。なんて可愛くない。。

八重歯がチャーミングで思い浮かぶ実在の人物だと、私にとってはジュディマリのYUKIちゃんです。彼女ももう矯正してますが、どちらにしてもカワイイ。歯列矯正器具のブラケットがカラフルで、まさしくPOP STAR☆私のスーパーヒーローには、矯正すらも魅せるアイテムになるのかと目から鱗でした。

ちょっとここに触れだすと話が終わらないので戻しまして。

そんなわけで、私の好きな人たちは誰も彼も八重歯があって、それが生えてきたってだけで、なんだか仲間入りできた気分だったのですよ。かわいい発想でしょう。

通っていた歯医者さんでは当然矯正を勧められるものの拒否。大事なチャームポイントとして二十歳頃まで可愛がってました。実生活で困ったことも特になかったし。あ、たまに八重歯が裏唇に引っかかって、そこが口内炎になるっていう痛いやつはありましたが、慣れていたので平気でした。ちなみに我が家の知恵袋ですが、口内炎には味噌汁です。これ絶対。めちゃくちゃ染みるけど、ペロッと治りますよ。お試しあれ。

 親知らずの抜歯から、矯正に興味を持つ。

そんな八重歯の私に、転機が訪れたのは22歳・大学4年の時でした。学生最後の春休みを謳歌していたある日、左下の奥歯がめっちゃ痛い。速攻で歯医者さんに飛び込むと、埋没している親知らずが真横に伸びていて横の歯を圧迫しているとのお話。なにそれもう痛いじゃん。。。

ということで、すぐに抜歯の予約をとなったのですが、ここで問題発生。歯の生え方からその歯医者さんでは対応できず、総合病院の口腔外科で抜歯となりました。なにそれもう手術じゃん。。。

初めての親知らずの抜歯は、切って砕いて砕いて砕いて取って、みたいな作業でした。確か7針くらい縫った。埋没していた歯を切り出して、トンカチみたいな音のする器具で砕く時の衝撃は……出産よりも痛かった気がします、今となってはそう思う。

抜歯当日は、痛み止めもあるし抜いた高揚感でやり過ごせましたが、次の日から地獄です。腫れているせいか、よだれ止まらず枕に血がつくし、疼くように痛い。1ヶ月くらい本当に辛かったですね。ずっと顔もパンパンで。

ここで経験者からのアドバイスです。初めて役立ちそう。

抜歯のタイミングは熟考してください。    以上!

痛み出すまで放っておいた私は自業自得ですが、抜歯は大学の卒業式後すぐというスケジュールでした。

もうお分かりでしょうか。

結果、パンパンに腫れた顔で入社式に出ることとなり、社員証の写真もパンパン、研修もパンパン、配属時もパンパン、もうとにかくずっとパンパンでした。パンパンで、めっちゃ滑舌悪い新入社員、辛すぎる。仕事できない感、満載だったと思う。

親知らずの抜歯は、ある程度計画的にできるはずなので、大事な用が控えてるタイミングは避けましょうね。簡単で、とても大事なことです。ちなみに、冬など寒い時期の方が化膿の心配が少ないらしく、お勧めと言われました!

親知らず抜歯の話がメインのようになってしまいましたね……

やっとやっと矯正歯科の扉をノックする

そう、この真横に生えていた親知らずですが、右下の親知らずも同じように横を向いていたらしく、両方からの圧力で私の下の歯並びがいつの間にか悪くなっていたのです。この時まで、本当に気づいてなかったのもどうかと思いますが、じわじわじわじわ、ガチャガチャになっていたのですね。

不思議なもので、一度気になると歯並びの悪さが目について仕方ない。抜歯の痛みが落ち着いた頃、私は歯科矯正について調べました。専門のクリニックで相談した結果、「残りの親知らずを全部抜いてから」とのお話。

えー、あの痛みをもう一度!?・・・ここで一旦諦めました。結構ハードな職場で働いていた私に、あんな痛みに耐えながら業務をこなす気力はなかった。

時は流れ、長男の妊娠時。当時新宿区在住だったのですが、区では妊婦さんの無料歯科検診をやっていました。検診でやはり放置していた右奥の親知らずを指摘され、産後抜歯することに。

産後、今度の抜歯は比較的スムーズに済み、下の親知らずとはこれでおさらばです。

歯医者さんでは、「下の親知らずがなくなった事で、上の親知らずが伸びてきてしまうから、早めに上も抜きましょうね〜」とのお話が。そんなことになるのかとビックリしましたが、噛み合う相手が居なくなるから伸びていくとの説明でなんとなく納得。人体の不思議ですね。

すぐにも抜歯を〜と思いながら、初めての育児や引越しや転職や、とバタバタしているうちに時は流れ、私はいつしか30歳になっていました。

ここで動かなければ、もうそのままかも。思い立ったが吉日、当時住んでいた福岡でオススメの歯科矯正専門のクリニックを予約。初日は問診&状況確認の検査だけで検討予定が、勢いに任せそのままスタートしました。

ぶっちゃけ、この問診時、好々爺的な院長先生に「ちょっと、前に出ている感じの口が、元の位置に戻りますよ。」って優しく言われたときのあの感情が私を突き動かしたのだろうな。前に、出てたんだ……。

かくして、ようやく私の矯正ライフが幕を開けました。

矯正スピードの一番早い、前からがっつり見えるオーソドックスな矯正器具で、少し目立ちにくいセラミックタイプを選びました。

私の場合は、上の親知らずと、八重歯ほかを元の位置に戻すためのスペースを開ける抜歯(犬歯周りの上下4本)に始まり、2週に1度の割合で矯正器具の調整のための通院→歯が並び始めてからは1ヶ月に1度くらいの頻度で通院→こんな感じで約3年です。

最後の方は、次男の妊娠時期と重なり、台に上がるのがしんどかった思い出。。矯正自体はトラブルなく順調に進んだため、予定より早く、出産より前に終了できました。

いやあ、順調だったとはいえ、長かった。。まだ歯の後ろに針金付いてるけど、寝るときもマウスピースしてるけど、とりあえず、第1章は終了したわけです。

院長先生が言ってた「ちょっと、前に出ている感じの口」じゃなくなったんだ……ありがとう。そんなに引っ込んだわけじゃないし(そもそもそんなに出てないし!)、鼻もさほど高くならなかったけど、歯はまっすぐ。前よりは横顔美人。これで良し。余談ですが、口内炎も出来にくくなりました。

全ての器具が外れるのがいつか定かではないけれど(?)、やっと手に入れたこのまっすぐな歯と引っ込んだ口を、一生懸命守り抜きたいと思います。

おわり。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です