【子連れでハウステンボス】年パス会員が教える、遊び疲れた頃にオススメのアトラクション紹介!

htb恐竜ランドアイキャッチ

\子連れでハウステンボスといったら、錯乱坊🍒と言われたい/

こんにちは、さくらん坊(@ok_sabou)です。

今回は、広い広いハウステンボスの、数あるアトラクションの中で、

  • 「未就園児から小学生まで幅広い年齢層の子供達が遊べる」
  • 「屋内で天候も関係ない」
  • 「親は休める」……『親は休める』

遊び疲れた頃にもオススメの、とっておきのスポットをご紹介します!

子連れでハウステンボス、年齢問わずに遊べる場所は?

突然ですが、私は8歳と2歳になる男児の母です。

ハウステンボスは小さな子から楽しめるアトラクションも数多くありますが、未就園児と小学生の兄弟となると、一緒に遊べるものは意外と少ないですよね。

アトラクションとなると、年齢制限や身長制限がハードルになり、結局バラバラで遊ばせる羽目になることも多々……。

錯乱坊🍒
色々と遊び尽くして、疲れてきた時とか特に!一緒の場所にまとまっていて欲しい。。

そんな希望を叶えてくれるのが、こちらのスポット!

子連れでハウステンボス、疲れて来たらココ!アトラクションタウン・恐竜ランド

恐竜と名のつくこちら、アトラクションタウンにある「恐竜ランド」。

男の子向けかな?と思われるかもしれませんが、年齢性別問わず楽しめる人気アミューズメントなのです。

ハウステンボス公式サイトでも、「ファミリーで楽しめる」「小さなキッズも楽しめる」と紹介されています。

小さな子供から楽しめる「恐竜バスケット」

壁に設置されたバスケットに向かって、ボールを投げ入れるアトラクション。プロジェクターで映し出された恐竜達が、コミカルな動きで盛り上げます。

写真では分かりにくいですが、床は柔らかいマット素材。靴を脱いで入るスペースとなっているため、小さなお子さんも安心して遊べます。

ほとんどの保護者の方が、この恐竜バスケットを囲う形で設置されているベンチに座って、子供達を見守っています。

小さな子供から小学生、大人も夢中になる「みんなの恐竜」

「恐竜バスケット」を囲うベンチを挟んで目の前に広がるのが、「みんなの恐竜」。同じスペースにあります。

恐竜の描かれた紙を選んで色を塗ると、その恐竜が立体になって巨大スクリーンで動き出すアトラクション。

描いた絵を専用の機械でスキャンすると、スクリーンに映し出される仕組み。

自分の描いた恐竜が動き出した時の、子供達の輝く表情も見逃せません!

\お得なツアーを探してみる?/

恐竜ランドは、保護者がゆったり見守れる構造

この恐竜ランド最大の魅力。それは、

錯乱坊🍒
保護者が休憩しつつ、子供達もしっかり楽しめるところ!

にあります(断言)。

  • 小学校の体育館サイズで隅々まで見渡しやすい
  • 天候の心配がいらない屋内施設
  • ちょこまかと動く小さい子供は、囲いのある「恐竜バスケット」に夢中で安心
  • お絵描きができる年齢の子供は、「みんなの恐竜」に静かに夢中
  • 飽きずに小一時間遊ぶ
  • 座れる場所がたくさん(混雑の際はもちろん子供優先ですが、大抵どこかしら座れます)

これだけの条件が揃ったスポットは、ハウステンボス広しといえど、なかなか見つかりません。

子連れでハウステンボス、楽しむためには適度な休憩を挟もう

ハウステンボスに限らず、外遊びに共通して言えることではありますが、適度な休憩が大事!

ですが、テンションの上がった子供に「少し休もう」は、なかなか通じません。

お茶休憩もした、トイレ休憩も済ませた、でも(親は)疲れた。

そんな時には、この恐竜ランドを思い出してみてください!

ちゅーりーちゃん
きっと、皆が満足の小一時間を過ごすことが出来ると思うよ。

ちなみに、ちなみに

我が家は、「光の王国」や「花火」といった、夜のイベントを楽しむ時に、恐竜ランドをよく利用します。

アフター5パスポートなどで夕方から入った後、日没までの時間を過ごしたり……といった具合です。

よければ、そんな使い方もご検討くださいね。

初夏の光の王国アイキャッチ

【初夏の光の王国・レビュー】子連れで楽しむハウステンボス・イルミネーション。家族で楽しむコツとポイントを詳しく紹介!

2019-05-07

では、今回はおしまいです。

つづく。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です